貫通後の通気遮断=効果的養生!

隔壁バルーン

エアー式バルーンでトンネル内に壁を設置し、覆工コンクリートの養生に適した坑内環境を維持します。

トンネル内の急激な湿度の低下は、コンクリートのひび割れを引き起こす原因の一つです。トンネルが貫通すると空気が流れるようになり、湿度が大幅に変化します。

ある現場では、貫通後の通風で湿度が40%まで低下していましたが、隔壁バルーンを設置することで70%以上の高湿度を保つことができました。

坑口付近でコンクリート圧縮強度3倍発現(若材令)

東京都内の現場で冬(1月)に行った試験では、隔壁バルーンを設置した現場の供試体は、通常環境の供試体と比較し、圧縮強度が3倍になっていることが確認されました。

試験結果の詳細はこちらをご覧ください。


トンネル工事では通常20数時間の養生で脱型しますが、若材令の強度が上がると脱型がスムーズになります。

設置は簡単。3名の作業4時間で設置が可能。

隔壁はエアー式バルーンで構成されるため、少人数で設置できます。トンネル内に取付用のワイヤーを張り、バルーンを設置してから送風機でバルーンを膨らませます。

これまでの設置現場。

過去の施工事例です。一部現場は設置状態を写真で確認できます。

サイト検索


PR情報・お買い得情報等

●弊社製品の効果を動画でご覧いただけます
発破バルーン ・発破バルーン
・肌落ち防護バルーン
・トラベルクリーンカーテン
(発破掘削対応)


東宏オンラインストア

札幌子ども虐待防止支援協議会