4 セントル養生

4-1 概要

セントルのラップ、妻側をシートとバルーン、車両通行部をシートにて囲い密閉状況に保つ事で、コンクリート打設後から脱型時までコンクリートから発生する熱を確保しコンクリートの初期強度発現が期待できる、寒冷地の場合は、坑内温度が上昇しない可能性がある為、セントル内部に発熱体を設け過熱する事で養生温度を保つ。

4-2 特徴」

① 若材齢時に温度管理をする事で初期強度の向上
② 高品質コンクリート(脱型時に付着が少ない)
③ サイクルタイムの短縮(脱型時間の短縮)
④ 洗い水が、車両通行部に落下しない

4-3 欠点

① 夏場使用する場合、セントル内部の温度が上昇し作業環境の低下
対策:ポータブルファン+風管を増設しセントル外の空気を供給する

② 洗い水が、車両通行部シート天端に溜まる
対策:セントル車両通行部にコンパネ等を敷設する

4-4実績写真

全面バルーンタイプ

全面バルーンタイプ

シート+バルーンタイプ

シート+バルーンタイプ

資料

サイト検索


PR情報・お買い得情報等

●弊社製品の効果を動画でご覧いただけます
発破バルーン ・発破バルーン
・肌落ち防護バルーン
・トラベルクリーンカーテン
(発破掘削対応)


東宏オンラインストア

札幌子ども虐待防止支援協議会