3:結論

コンクリート標準示方書とトンネルコンクリート施工指針どちらを優先的に考えるかですが日本のトンネル技術の発展を考慮した場合、「性能照射型」の施工方針に移行します、覆工コンクリートの高品質、長期耐久性を追及するとコンクリートの養生が必ず必要な状況になると考えられます。

サイト検索


PR情報・お買い得情報等

●弊社製品の効果を動画でご覧いただけます
発破バルーン ・発破バルーン
・肌落ち防護バルーン
・トラベルクリーンカーテン
(発破掘削対応)


東宏オンラインストア

札幌子ども虐待防止支援協議会