5 覆工養生

5-1 概要

脱型後のコンクリート表面に、エアー構造のバルーンを密着させる、構造はバルーン+バルーン移動用のバルーン台車で構成され、移動時は予め敷設されたレール上を重機にて牽引され移動するバルーンを密着させる事で、
①コンクリート表面を湿潤状態に保つ。
②エアー層が断熱効果を発揮し覆工内部と表面の温度差が少なくなる

5-2 特徴

①長期材齢の強度アップ 《資料―5-1、5-2》参照
②湿潤状態⇒乾燥収縮防止
③断熱効果⇒内部拘束(温度応力)の軽減

5-3 欠点

①バルーン台車牽引用のレール敷設手間
②バルーン台車牽引の手間
③風管の敷設手間
※セントルとバルーン台車のレールゲージを同様にした場合は、コンクリートポンプ車がセントルから離れる(バルーン台車の後方⇒距離は3スパンの場合31.5m)

5-4実績写真

覆工養生の写真

5-5温度・湿度グラフ

バルーン養生7日間

無養生

資料

サイト検索


PR情報・お買い得情報等

●弊社製品の効果を動画でご覧いただけます
発破バルーン ・発破バルーン
・肌落ち防護バルーン
・トラベルクリーンカーテン
(発破掘削対応)


東宏オンラインストア

札幌子ども虐待防止支援協議会