T-FREG工法

覆工のはく落防止技術

特徴

特徴

T-FREG工法は、コンクリート目地付近に繊維シートを敷設する事でひび割れを低減し、コンクリート片のはく落を防止する技術です。

特徴1.優れたはく落防止性能

短繊維補強コンクリートにおける曲げ靱性の基準(1.40N/m㎡以上:NEXCO)および繊維シート接着工法における押し抜き耐性の基準(変位10mm以上で1.5kN:NEXCO)をクリア。


特徴2.安全と安心の提供

コンクリート片落下による交通災害を未然に防ぎます。
緊急補修による交通遮断を抑制し、利用者、管理者双方の経済的損失を防止。

特徴3.特殊設備は不要。

型枠への加工は僅かで済み、従来の型枠をそのまま使用できます。
繊維シートの敷設にも特殊な機械を必要としません。

特徴4.施工サイクルはそのまま

繊維シートの敷設に要する手間と時間はごく僅かで、脱型後に特別な養生も必要ありません。
そのため、従来通りの作業人員で施工が出来ます。

カタログ【こちら】

写真

施工風景

サイト検索


PR情報・お買い得情報等

●弊社製品の効果を動画でご覧いただけます
発破バルーン ・発破バルーン
・肌落ち防護バルーン
・トラベルクリーンカーテン
(発破掘削対応)


東宏オンラインストア

札幌子ども虐待防止支援協議会